賃貸物件ではご近所への挨拶

一人暮らしの人が多いマンションやアパートなどの賃貸物件になれば、隣にはどんな人が住んでいるのか分からないということも多いものです。しかし、一軒家の場合には家族で住むことが多く、子供さんが迷惑をかける可能性もあるので近所への挨拶はしておいた方が安心です。賃貸物件であっても、一軒家となれば回覧板が回ってきたりとご近所付き合いをすることにもなります。お互いの顔を知っていてちょっとした会話をしておくだけでも、トラブルが発生した時にも穏便に済ませることができる可能性が高まります。ご挨拶には、タオルやお菓子などのちょっとしたものを持参して行きましょう。

賃貸マンションで引っ越しの挨拶

引っ越しの挨拶を行う範囲は日頃の生活で何かと顔を合わせる機会の多い自宅を挟んだ両隣であることが一般的です。マンションなどの賃貸物件の場合はその階ごとに自治会の組を形成していることがありますから、両隣に対して引っ越しの挨拶をした際に自治会に関する情報を聞いて必要であればその階の全ての部屋に行うことも考慮しておく必要がありますが、現在ではそこまで求められるケースは少なくなっています。またマンションなどの賃貸物件では生活音が隣だけでなく上層階にも響いてしまうことが多々あり、特に小さい子どもがいたりすると階下への響く音はかなり大きくなってしまいます。このため子どもがいるため迷惑がかかる恐れがあることを事前に知らせておくことが必要です。

↑PAGE TOP